税理士に求められるもの

税理士に求められるもの

税理士のやることと言うものは多岐にわたります。


「税」理士というぐらいですから税務についてのあらゆる事を業務とします。

法人税、所得税、相続税、消費税、印紙税、源泉所得税、事業税、住民税等々、税と付くものであれば税理士は相談者の相談に乗るのです。

さらには会計の分野も受任します。

簿記という言葉は社会人であればすべからく誰でも知っていると思います。

事業を行っている者は日々の取引を正規の簿記の原則に従って記帳していかなければならないことになっています。これが非常にめんどくさいのです。

この記帳代行を税理士は行うのです。
クライアントに日々の記帳は会計ソフトに入力してもらうが、中身は税理士が監査するなんていうパターンもあります。経営コンサルティング業務も行います。

例えば法人税の申告を行うためには財務内容を確認していかなければ成りません。

ここにおいて提供された資料のまま法人税を計算するのは日本全国どの税理士であっても行うことが出来ると思います、しかしながら関与先様が税理士に求めているのはそういうことではありません。

いかに少ない税額を合法的に計算するかを求めているのです。
このような支出をする場合は当事業年度でなく一月ずらして支出した方がよいとか、税額控除、特別償却等の選択などなどです。
そうすると毛法人税を法人税という観点から語るのは無理なのです。

そのクライアントの経営サイクルの中の一部としての法人税を考えなければ成らないので経営全般のコンサルティングが必要と成ってくるのです。講演の講師です。

税理士というのは先に申し上げたように経営コンサルティングを業の1つとして行います。

経営の知識に自然と長けていくし、いろんな業種の知識が蓄積されています。

ゆえに知識が豊富です。

人前で話すことがそう苦手ではないのであれば講師として活躍することも可能です。


組織再編、事業承継なども税理士のフィールドです。これからもまだまだ税理士という仕事は食べていける仕事に間違いありません。
最近話題の債務整理と言うのは、法的に借金を整理する手段の総称です。


任意整理、特定調停、民事再生、自己破産の4つから成り立っており、債務者の条件に応じて最適な債務整理を行います。
それぞれに内容は異なりますが、借金の減額もしくは免除をしてもらうことが可能です。

ただ、債務整理を行っても再び借金に悩んでしまう債務者もいます。例えば、借金を減額してもらい返済をしていくことにしたのに、返済計画通りに行かなくて再び返済が苦しくなってしまったり、債務整理で完済もしくは免除してもらえて借金はなくなったけど数年後に再び返済できない借金を抱えてしまったケースがあります。
しかし債務整理の経験がある人でも、もう一度債務整理を行うことは可能なので悩みすぎる必要はありません。

ですが、条件があります。


自己破産の場合は、破産から7年間は自己破産を行うことはできません。とはいえ、この7年の間は借金をすること自体が難しいですし、返済できないくらいの借金を抱えることもそうないでしょう。
万が一、7年以内に同じ事態に陥ったら法律家に相談してみてください。

絶対に不可能というわけではないので、条件によっては自己破産を行うことも可能です。

任意整理では、和解後に返済が厳しくなったら再度、減額交渉をすることができます。ただし、それを受け入れてくれるかどうかは債権者によるでしょう。
特定調停も同様です。

任意整理、特定調停、民事再生はあくまでも返済目的の債務整理ですが、返済できなくなり、それ以上の減額も期待できない場合は自己破産を考える必要があります。

実は、任意整理から自己破産を行うケースは決して少なくはありません。

債務整理をしたから安心するのではなく、完済をするまでは計画性を持って返済をすることだけを考えていくことが重要です。

いずれにしても再び債務整理を行うことは不可能ではないことなので、困ったら法律家に相談をするこということを心がけていください。

バイナリーオプションの口座情報選びをサポートします。

今すぐ使えるバイナリーオプションの口座の情報をお知らせします。

東京の不動産投資情報選びに特化したポータルサイトです。

証券の比較の情報をご提供しています。

バイナリーオプションの入門に出会えて満足です。

http://matome.naver.jp/odai/2145194334659973201

http://okwave.jp/qa/q8708910.html

http://girlschannel.net/topics/60327/

    関連リンク

    • サラリーマンの債務整理手法について

      債務整理には、特定調停、任意整理、個人再生、自己破産の4種類の手法が有り、どの手法を選択しても借金が減り楽にはなるでしょうが、それぞれの手法ごとにデメリットもあり、個人の収入状況等を検討し、より適した手法を選ぶことが重要です。あなたがサラリーマンで債務整理を考えるならば、まず社会的影響の小さい任意整理を考えるべきでしょう。...

      detail
    • 税金を低くすることができるのが税理士

      税理士は税務署から要求される税金を低くすることが出来る存在です。だからこそ、多くの企業が提携してアドバイスを貰っているのです。...

      detail