税理士に求められるもの

税金を低くすることができるのが税理士

税理士は税務署から要求される税金を低くすることが出来る存在です。



だからこそ、多くの企業が提携してアドバイスを貰っているのです。



税理士は税務に関わる職に就いている人たちのことを言いますので、税金問題の専門家だと言えます。



企業が経営をやっていく上では支払わなくてはいけない税金が多く存在し、そのための処理もかなり複雑になっているのです。


全く知識のない素人が処理しようとしても理解できないことが多々あり、専門家に任せないとスムーズな経営が出来なくなってしまいます。そして、税理士が何より魅力的なのがこの税金に関して税務署からの税金の納付額の要求よりも低い設定で税金を納めさせることが出来ることにあるのです。

つまり、企業が支払う税金を少なくすることが出来るわけです。



なぜこのようなことが出来るのかというと、税金に関する問題が極めて複雑だからです。
法律と言うのは、税金に関わらず専門家の間でも議論が大きく真っ二つに分かれるほど解釈に違いが出てきてしまうものなのです。



税法も全く同じで、税務署が立っている法律の解釈上の立場と税理士が立っている法律の解釈上の立場が違えば、ここで激しい議論が起こることになります。
税理士と言うのは、こうした法律上の解釈に関して自身の主張を押し通すことによって税金を安くすることが出来る手腕を持っているのです。税金に関する法解釈を相手に納得させる技量があるからこそ、税務のスペシャリストとして重宝されているわけです。

税理士と言うのは、税務に関する専門家のことを言います。


企業や個人事業主が経営をやっていく上では欠かせない存在ですので、税理士がいないとまともな税務処理が出来なくなってしまうのです。税務と言うのは、簡単に言うと税金に関する事務の事を言います。


社会生活を送っていく上で税金を払っていかなくてはいけないのは当然です。
しかし、税金に関する処理は一般的な生活をしていたとしてもかなり難しい要素が含まれているものなのです。

例えば、個人で行う確定申告などはその典型です。

確定申告は申告漏れがあると追徴課税と言って後から余分に税金が取られてしまうような罰則が存在しているので、きちんとした税務処理をしていないと大変なことになってしまうのです。


こうした税務に関する公的機関の調査を税務調査と言います。



税務調査があった場合には自身で税金に関する詳しい説明が出来ない状況になっていることが非常に多いので、税理士が一緒に同行して代理として税金に関する問題点を全て補完して説明してくれるようになっているのです。


そして、こうした税務処理と言うのは企業であっても全く変わりません。
企業で行う税務処理は、法人税や所得税、相続税などがあります。



なぜ所得税や相続税が問題になるのかというと、役員が持っている株式に税金が発生するからです。

上場企業の役員は自身が上場企業の役員であることをきちんと明記して取引をしなくてはいけなくなっているので、これに伴う税務処理が少し複雑になっています。
だからこそ、税理士の存在は欠かせないわけです。



    関連リンク

    • 立川駅周辺の税理士の事務所の分布

      東京の立川駅の周辺というのは、税理士の事務所がかなり多く分布しているエリアの1つです。東京の市部のエリアには税理士の事務所がいくつかあるのですが、その事務所が多い地域と少ない地域というものもあるのです。...

      detail
    • 税理士がいないと社会が成り立たない

      税理士の存在は社会生活を送っていく上では欠かせない存在だと言えます。というのも、税理士が存在しないと企業はまともに機能することが出来ないからなのです。...

      detail