税理士に求められるもの

債務整理をすることで

私は数年前、任意整理という方法で債務整理をしたことがあります。



元々私が勤めていた企業は、急成長中のベンチャー企業で、私自身それなりに高い給料をもらっていました。

しかし、ある時期から事業の成長が急速に衰え、事業も徐々に縮小し、給料もそれに伴って少しずつ減額されるようになりました。

そこでそれなりに生活レベルを落とすことが出来ればよかったのですが、私の危機感が足りなかったため、私は会社が好調な時の生活レベルのまま生活の質を落とすことができず、気づけば消費者金融などでお金を借り、最終的には800万円ほどの借金をするまでになりました。


そして、借金が800万円を超えたとき、会社は倒産し、私は失業状態となってしまったのです。
もちろん、すぐに就職活動を始めましたが、この長引く不景気のなか、なかなか良い仕事にありつくことが出来ませんした。

貯金もほとんどない私は失業中も借金をしなければ生活ができず、その後やっと就職をしましたが以前勤めていた会社に比べて給料は大幅にダウンしました。


もちろん月々の返済が苦しくなり、私は債務整理の相談をするために法律の専門家の力を借りることにしたのです。そこで、私がすすめられた方法は、任意整理という方法です。
担当の弁護士さんの努力により、任意整理で月々の返済額が5万円ほどまで下がりました。



私は、債務整理をすることによって、何とか毎月の返済によって借金が減る状態になりました。



おそらくあのままでは、借金はますます膨らんだでしょうし、最悪自己破産のような状態になったかもしれません。

私はあの時点で気づいてすぐに専門家に相談したことにより、今の生活があると思っています。


ですから、私のように借金で悩んでいる方には、一刻も早く専門家に相談することをオススメします。税理士の資格を得るにはいくつか方法があります。
一つは、上位資格を取ることです。明確に上位、と言うことを定義しているわけではないのですが、その資格を取れば、税理士を名乗ることができる資格があるのです。



まず、弁護士です。

この資格を持っていると税理士を名乗ることができます。また、会計士の資格を持っているとこちらも税理士を名乗ることができるようになります。

会計士は似たような職業ですからそれほど問題はないのですが、さすがに弁護士の場合は名乗ることはできますが、名乗る人は少ないです。

そもそも弁護士を名乗ったほうが儲かるからです。

後は、税務署で仕事をしていると名乗れることがあります。



勤続年数と研修を受ける必要がありますが、こちらはずっと税務に携わってきたのですから、税理士を名乗っても十分に通用します。

そしてもう一つの方法が、試験を受けることです。


税理士の国家試験に合格すれば、名乗ることが出来ます。

税理士の試験は科目別試験を採用しています。有り難いことに一度合格した科目は一生有効です。
ですから、何年でもゆっくりと資格取得に向けて勉強することが出来ます。
社会人でも目指している人は多いのです。



税理士試験に向けて勉強すると言うのは、要するに簿記の勉強をすると言うことです。



これは社会に出てから非常に役に立ちます。



今現在、社会人の人でも今からでも遅くないですから、簿記の勉強をすることをお勧めします。

必ず役に立ちます。


その目標の一つとして税理士を目指すことがお勧めです。
試験に合格するにはしっかりと勉強する必要があります。独学でも構いませんが、出来ることなら専門学校に通うことをお勧めします。今は夜学もありますから、社会人でも通うことができます。
是非とも積極的にそうした学校を探してみることです。それなりにお金は掛かりますが、それ以上の効果があることは確かです。

試験対策もしてくれますから、是非とも通うことです。


    関連リンク

    • 立川駅周辺の税理士の事務所の分布

      東京の立川駅の周辺というのは、税理士の事務所がかなり多く分布しているエリアの1つです。東京の市部のエリアには税理士の事務所がいくつかあるのですが、その事務所が多い地域と少ない地域というものもあるのです。...

      detail
    • 税理士がいないと社会が成り立たない

      税理士の存在は社会生活を送っていく上では欠かせない存在だと言えます。というのも、税理士が存在しないと企業はまともに機能することが出来ないからなのです。...

      detail